研究室紹介

東京大学森林経理学研究室のホームページへようこそ!!




 森林は木材を生産すると同時に、さまざまな面から環境保全に寄与しています。森林の効用は、例えば山地災害を防ぎ、水を育み、野生生物に住みかを与え、二酸化炭素を吸収するなど不特定多数の受益者に及ぶため、公益的機能と呼ばれています。
 森林がそうした機能を持続的に発揮するためには適切な計画と管理が不可欠であり、そのための研究を行っています。また計画策定や評価の基礎となる森林計測や森林の成長予測、GIS技術などに関する理論的、実践的研究も行っています。

研究テーマの例
■ 人工複層林の成長予測モデルの開発
■ GISを用いた森林管理計画の策定
■ 京都議定書に即した森林の炭素吸収量の評価
■ 森林の齢級分布に着目した成熟度の評価
■ 高解像度リモートセンシングデータを用いた林分構造の解析

 Forests produce timbers and environmental services at once. For instance forests control erosions, conserve water, breed wild life and sequest carbon. Thus forests contribute to public benefits.
 To maintain and develop these functions, consistent planning and conservation schemes are required. We study these schemes and corresponding techniques such as mensulation, yield prediction, GIS and so on.

Examples of our study
■ Developing growth prediction model for multi-storied plantation forsets
■ Creating forest management plans using GIS
■ Estimating carbon sequestration by forests according to Kyoto Protocol
■ Assessing maturity of forest resources with age distribution
■ Analyses of stand structure using high-resolusion remotely sensed data